静岡県浜松市で3年前から関わっている市民が主体となる公園づくりのサポートです。

イベント当日は東京での仕事と重なり、行くことができませんでしたが、一緒にサポート業務をしているメリーさんが報告してくださったので、報告です。

5月20日(日)、2年後にオープン予定で工事が進んでいる公園の一部を開放して、子どもたちが自由に遊んでいい日を行いました。

 

この日のためにNPO法人のみなさんが草刈りや危険個所のチェックなどをしてくださって準備。

初めての開催だったため、20人も来てくれればいいかな~という予想に反して200人以上の子どもや大人がやってきて、自由に遊びまくってくれました!

アンケート結果も「楽しかった!」がほぼ100%。

泥んこ遊びをしたり、七輪で火を使ったり…こんなことができる場所って今はほとんどありません。

危険は極力回避できるような準備と教育をしながら、子どもたちの体や頭の発達を阻害しない遊び場づくりを体験してもらおうというのが一つの目的でもありました。

NPO法人のおじさまたちは、60歳代後半からの世代の方が多く、子育てには直接参加をほとんどしていない方たちなので、最初はこの企画の意図がうまく伝わらず歯がゆい思いをしましたが、実際に体験をしていただいて、「なるほど!」と納得していただけたようです。

今年度は、2つの助成金を獲得することができ、子どものイベントや的場再生のイベントを通じて、万斛公園での地域の取り組みや、NPO法人の存在・目的を知っていただく取り組みを何回もにわたってやることになりました。最初のイベントが大成功で今後の展開も楽しみになってきました。

詳細はfacebook「NPO法人 旧鈴木家跡地活用保存会」のページをご覧ください。

※写真は地元のH様の写真をお借りしています。

    

   

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です